入試の自己PR、できる対策は?

小学校、中学校、高等学校、大学、どの段階の入学試験にせよ、多くの場合において、入学試験では志望理由書や、そのほかさまざまな書類の提出の必要があります。そのなかでは、たいてい、なぜその学校に入りたいと思ったのかという志望理由や、自分がその学校に入って何を学びたいのかということなど、自分独自の言葉で、自分をアピールすることが必要とされるものが多いです。今日は、そのような書類を書くポイントを話したいと思います。

入試においては、推薦などの特別な場合を除いては、たいてい、入学試験のペーパーテストの結果で合否が決定します。この中で、各書類のウエイトはそこまで高くないことが多いです。だからこそ、パッと見て採点者などの印象に泊まることが大切です。印象づけられなければ、結局、見られなかったのと同じことになってしまいます。

だから、何よりも自分の言葉で書くことが大切です。例えば、その学校のPRポイントを採用して、それに寄せて書くことも有用ですが、その中で、そのPRポイントのどこがいいのかということなどを自分自身が感じたように、書くことによって、学校の先生からすれば、柔軟な発想ができる人として、評価の対象となります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL