子どもに生け花の習いごとをさせるといいらしい?

華道は私達日本人の暮らしの中にある文化であり、伝統を守りながらもその時代の流行を取り入れていてることで発展してきたものです。フラワーアレンジメントと生花の違いは前者は花をたくさん使って空間を埋める「足し算の美学」であり、後者は季節の花をできるだけ少なく使うことで豊かな空間を作り出す「引き算の美学」といわれています。女の子の憧れる職業の中に「お花屋さん」というものがあります。

子供にフラワーアレンジメントではなく生花の習いごとをさせるメリットは、礼儀作法を身につけることができるということが挙げられます。挨拶からしっかり教えてもらえるところもあり、座って花を活けるときは背筋がスッと伸びますので、姿勢が良くなります。花を綺麗に活けようと集中するので集中力も身につきます。手先を使って活けるので手先が器用になるというようにメリットがいっぱいあります。

この習い事をすると色彩感覚や空間感覚が身につきますので、ファッションセンスや部屋のコーディネートセンスも良くなるという嬉しいことがあります。子供に生花を習わせるときの注意点としは、花をハサミを使って切っていきますので、ハサミを使える子供でなければ習うことはできないということです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL